更新情報

寺内先生明和病院出向

寺内先生が明和病院に出向されます!たくさん学んで頑張ってきてください。
兵庫医大のムードメーカはいなくなるのはみんな寂しいですが。応援しています!

寺内先生明和病院出向

ささやま医療センターJ-cimelsベーシックコース

兵庫医科大学ささやま医療センターで母体救命システム普及協議会(J-cimels)ベーシックコースを開催しました。麻酔科からは佐伯彩乃先生がスタッフとして参加してくれました。ささやま地域の周産期医療を支える方々と母体急変対応のシナリオトレーニングをしました。リハビリテーションセンターをお借りしました。

日本緩和医療学会に参加しました。

横浜で開催された日本緩和医療学会に参加しました。緩和ケアチームから3名が発表しました。


William John Donaldson先生の来院と特別講義 William John Donaldson先生の来院と特別講義 William John Donaldson先生の来院と特別講義

William John Donaldson先生の来院と特別講義

レクリエーション

6月8日にゴルフコンペを開催しました。景品も盛りだくさんで、大いに盛り上がりました。
幹事をしていただいた緒方先生ありがとうございました。

ゴルフコンペ

日本麻酔科学会 第66回 学術集会に参加しました。

医局員が多数参加、発表しました。
廣瀬宗孝先生が周術期管理チーム委員会企画の特定行為研修についてご講演されました。
初日5月30日は緒方洪貴先生が侵害受容刺激反応モニター(NR)を、村上裕亮先生がプロポフォールとマウス骨格筋細胞障害を、金子隆彦先生が全身麻酔方法と化学療法の反応性について発表しました。
2日目5月31日は宮本和徳先生が生体腎移植手術の輸液を、竹中志穂先生が術前心理状態と術中侵害受容刺激反応について発表しました。
寺内美紗先生と研修医の杉谷味保先生が妊産婦の蘇生のデモンストレーションを会場で演じてくれました。
村上裕亮先生が優秀演題に、竹中志穂先生が最優秀演題に選ばれました。
学会で得た新しい知見を今後の麻酔管理に活かして、さらに安全な麻酔を患者様に提供していきたいと思います。

日本麻酔科学会 第66回 学術集会に参加しています

William John Donaldson先生の来院と特別講義

Dr. William John Donaldson visited our hospital and performed special lecture for us.

i-gelを含む気道管理の専門家、ドナルドソン先生が、兵庫医大手術センターで特別講演をされました。
素晴らしい講演をセッティングいただきました関係各位の皆様に深く御礼申し上げます。(2019年5月29日)

Dr. Donaldson who is a specialist of i-gel clinical use and airway management gave us special lecture in the surgical center of Hyogo College of Medicine Hospital. (May 29th , 2019)
We deeply appreciate the kindness of all members for preparing this wonderful lecture.

William John Donaldson先生の来院と特別講義

第49回日本ペインクリニック学会関西地方会を開催しました。

2019年5月11日に大阪国際交流センターで第49回日本ペインクリニック学会関西地方会学術集会(会長 廣瀬宗孝先生)が開催されました。
宮脇弘樹先生が「癌性疼痛に対するヒドロモルフォン塩酸塩注の使用経験」を、寺内美紗先生は「低侵襲心臓外科手術の持続最内肋間筋ブロック」について発表しました。
助永憲比古先生はランチョンセミナーで「EVOLVE WORKFLOW 再考」を講演しました。
橋本和磨先生は疼痛治療におけるエコーガイド下神経ブロックのハンズオンワークショップで「股関節包周囲神経ブロック(PENG)」のインストラクターを担当しました。
お天気もよく多くの方に参加していただきました。ご参加いただいたみなさまありがとうございました。

入口の看板

受付

寺内先生助永先生

橋本先生

宮脇先生

学会終了後の懇親会

HOME