最新情報

『2022 SUMMER SEMINAR in 淡路』のお知らせ

コロナ禍でしばらく休止しておりましたが、当講座恒例の淡路サマーセミナーが3年ぶりの開催となります。兵庫医大麻酔科への入局を希望される先生方の参加を心よりお待ちしております。
※本セミナーはCOVID-19の感染対策に配慮を行った上で開催しますが、感染状況によっては中止になる可能性があります。どうぞご了承ください。

2022年度 医局説明会のお知らせ

来る6月24日(金)17時より麻酔科・疼痛制御科カンファレンス室で医局説明会を開催します。直接参加するのが難しい場合もWebを併用したハイブリッド開催で執り行いますので、少しでも興味のある先生はお気軽にご参加下さい。

J-RACE(日本区域麻酔検定試験)合格発表

4月17日(日)に開催されました日本区域麻酔学会主催 日本区域麻酔検定試験(J-RACE)において、永井 貴子 先生、奥谷 博愛 先生が合格されました。この度は誠におめでとうございます。今後、試験の内容や対策を含めた合格体験記を勉強会や当HPで公開して参ります。
また日本区域麻酔学会 第10回学術集会は当講座が主幹となり開催されます。当講座では神経ブロックの適応を十分に吟味し積極的に利用することで、安全で質の高い麻酔管理を今後とも行って参ります。

人工心肺(CPB)勉強会が開催されました。

臨床工学技士の皆様方にご協力頂いて、CPB勉強会が開催されました。CPBシミュレーターを用いて、レジデントを中心に実際にCPBを稼働させ体外循環の開始〜離脱までの練習を行いました。安全でより良い麻酔管理を行うために、術者はもちろんのこと臨床工学技士や看護師と綿密に連携を図ることが非常に重要です。相手の考えていることを理解できる有意義な勉強会となりました。

兵庫医大麻酔科・疼痛制御科では定期的に様々な分野の勉強会(産科麻酔シミュレーション・経食道心エコー・区域麻酔 etc)を行なっております。病院見学も随時承っておりますので、ご興味のある先生がおられましたら までお気軽にお問合せ下さい。

人工心肺(CPB)勉強会が開催されました。 人工心肺(CPB)勉強会が開催されました。
人工心肺(CPB)勉強会が開催されました。 人工心肺(CPB)勉強会が開催されました。

全身麻酔シナリオシミュレーション

医局会終了後に全身麻酔シナリオシミュレーションが行われました。新入局員である長井 隆先生、佐伯 淳人先生が実際に参加して、全身麻酔中の酸素配管不良と腹臥位麻酔回路外れについてシミュレータを用いたシナリオシミュレーションを行いました。またリモートでの参加が可能なハイブリッドシミュレーションの体制を整えて、指導医の先生方にも指導を頂ける充実した勉強会となりました。
現在、兵庫医大麻酔科・疼痛制御科では勉強会や働き方改革など様々な形での環境が良くなる取り組みを進めております。見学希望などございましたらお気軽にご連絡下さい。

全身麻酔シナリオシミュレーション全身麻酔シナリオシミュレーション

日本区域麻酔学会第9回学術集会 at 沖縄コンベンションセンター

日本区域麻酔学会第9回学術集会で当医局より2演題の発表がありました。緒方 洪貴 先生が「術中の侵害受容刺激反応を抑制する麻酔管理は術後鎮痛に有用であるか:ランダム化比較試験(中間報告)」について、また佐藤 史弥 先生が「有痛性筋痙攣に対する深腓骨神経ブロック:ケースシリーズ」について発表しました。どちらの発表も質疑応答を含めて大いに盛り上がりをみせておりました。
学会の最後に来年の大会長を務められる廣瀬 宗孝 教授が来年行われる第10回学術集会に向けて、発表スライドは英語で作成するようにしていくなどの方針を述べられました。医局員が一丸となり、鋭意準備を進めて参ります。

日本区域麻酔学会第9回学術集会日本区域麻酔学会第9回学術集会 日本区域麻酔学会第9回学術集会

新年度がスタートしました

フレッシュな新入局員を迎え、また関連病院とスタッフが入れ替わり、新年度がスタートしました。
今年度は第40回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会、そして来年度は日本区域麻酔学会第10回学術集会を主催することが決まっておりイベントの多い時期を迎えますが、医局員一丸となり臨床・教育・研究にバランス良く取り組んで参ります。

今年度のシミュレーションコース