更新情報

第49回日本ペインクリニック学会関西地方会を開催しました。

2019年5月11日に大阪国際交流センターで第49回日本ペインクリニック学会関西地方会学術集会(会長 廣瀬宗孝先生)が開催されました。
宮脇弘樹先生が「癌性疼痛に対するヒドロモルフォン塩酸塩注の使用経験」を、寺内美紗先生は「低侵襲心臓外科手術の持続最内肋間筋ブロック」について発表しました。
助永憲比古先生はランチョンセミナーで「EVOLVE WORKFLOW 再考」を講演しました。
橋本和磨先生は疼痛治療におけるエコーガイド下神経ブロックのハンズオンワークショップで「股関節包周囲神経ブロック(PENG)」のインストラクターを担当しました。
お天気もよく多くの方に参加していただきました。ご参加いただいたみなさまありがとうございました。

入口の看板

受付

寺内先生助永先生

橋本先生

宮脇先生

学会終了後の懇親会

第49回日本ペインクリニック学会関西地方会を開催しました。

先日5月11日、大阪国際交流センターにて第49回日本ペインクリニック学会関西地方会を開催しました。
天候にも恵まれ、250名を超える参加者にお越しいただきました。ありがとうございました。

産科麻酔に参加しよう

シミュレーションに参加しよう (2月10日インストラクターコース、3月10日、4月13日14日)が兵庫医大医療人育成研修センターで開催されました。
麻酔科からはインストラクターコースのアシスタントとして植木隆介先生、中島愛子先生、寺内美紗先生が、3月10日のコースには佐伯彩乃先生が、4月13日のコースには緒方洪貴先生がインストラクター補助として参加しました。学外の産科麻酔のエキスパートが産科麻酔緊急のシナリオトレーニングを指導します。エキスパートの指導を間近で感じることができた貴重な経験でした。

歓迎会

関連病院から戻られた尾上先生(残念ながらこの会には欠席)、佐藤先生、レジデントの先生方の歓迎会を行いました。

4大学合同研究会 (Chanpan2019 in Hyogo) 開催

兵庫医科大学、京都府立医科大学、福井大学、和歌山県立医科大学の4大学で毎年開催しているChangpanを、今年は兵庫県西宮市の兵庫医科大学で開催しました。日本大学の鈴木孝弘教授の筋弛緩薬のご講演の他、産科麻酔ハンズオン、TEEハンズオンなど、幅広い内容のプログラムが行われ、多くの専攻医および臨床研修医が参加しました。ありがとうございました。

優秀演題

第23回日本神経麻酔集中治療学会(奈良)の宮脇弘樹先生の演題が優秀演題に選ばれました。また日本麻酔科学会第66回学術集会(神戸)の竹中志穂先生の演題が優秀演題に選ばれました。

研修医が選ぶ優秀指導科に選ばれました!

麻酔疼痛制御科が優秀指導科に選ばれました。当科では引き続き一人一人丁寧に指導できるように努力していきます!

第2回兵庫超音波ガイド下区域麻酔ハンズオンセミナーを開催しました

2018年度 優秀研修指導診療科として表彰

麻酔科・疼痛制御科が、臨床研修における「2018年度 優秀研修指導診療科」に選ばれました!

2018年度 教員活動奨励賞受賞

当教室の狩谷伸享准教授が「2018年度 教員活動奨励賞」を受賞されました。おめでとうございます!

第2回兵庫超音波ガイド下区域麻酔ハンズオンセミナーを開催しました

2019年1月19日に、兵庫医科大学病院手術センターで、第2回兵庫超音波ガイド下区域麻酔ハンズオンセミナーを開催しました。講師は関西大学の中本達夫教授と、兵庫医科大学の中本志郎先生です。

第2回兵庫超音波ガイド下区域麻酔ハンズオンセミナーを開催しました

日本臨床麻酔学会第38回大会にて

2018年11月1-3日(小倉)で開催された日本臨床麻酔学会第38回大会(瀬尾勝弘先生会長)での発表風景です。

日本臨床麻酔学会第38回大会にて

HOME