その他 先輩医師達の声

その他 先輩医師達の声

麻酔科レジデント 村上裕亮

私は川崎医科大学を卒業後、当院にて初期臨床研修終了後、同院の麻酔科疼痛制御科へ入局しました。麻酔科を志望した理由は、実家の寺院を訪れる心の痛みを持つ人は同時に身体の痛みを持つ方が多く、疼痛管理のスペシャリストに憧れた為です。実際に働いて感じたことは、麻酔管理は勿論、疼痛管理、ICU管理、各種外科・内科的疾患の理解、リスクマネジメントなど多岐について学ぶことが出来ます。また術中管理という短期もしくはICUやペインクリニックといった中〜長期の同一患者さんとの関わり方を選択可能であり、様々な分野や勤務形態を選択出来る点が魅力の一つだと思います。大学病院は稀な疾患の手術も多く、様々な外科・内科的疾患に麻酔疼痛管理として関われる点は、色んなことに興味を持っているが将来の志望科が決まっていない研修医や医学生の方にもきっと魅力的に映るものと思います。

興味があれば是非一度気軽に当院へ見学に来て頂ければ幸いです。

病院助手 志村 優佳

当科は女性医師も多く、麻女会(麻酔科女子会)なども開催され仲良く楽しい職場です。将来的に家庭と仕事との両立が心配な方も、安心してください。麻酔科はオンオフがはっきりしていて、1日1日の仕事が完結するため、集中して仕事に取り組めますし、プライベートな時間もしっかり持てます。また標榜医の資格が2年間の麻酔研修で取得できるため、一つの目標として頑張れることも魅力の一つです。

助教 助永 憲比古

麻酔科で習得した知識や技術を活かし、ペインクリニックで痛みの治療を専門に行っています。近年、痛みが慢性化することによる合併症や経済損失などが明らかとなり、その治療の重要性が増しています。対象疾患は腰痛、三叉神経痛、帯状疱疹後の痛み、術後痛や癌性疼痛など多岐に渡りますが、薬物療法と神経ブロック療法などを組み合わせ、患者さんの痛みが少しでも和らぎ生活の質が改善するよう努めています。

助教 二木 美由希

専門医試験では多岐にわたる症例が出題されます。頭部、胸部、腹部、四肢に至る手術の麻酔ではそれぞれに応じた麻酔が必要になってくるため、広い範囲の知識が要求されます。また、専門医試験の範囲には集中治療やペインクリニック領域のことも含まれているため、それらに関する勉強も必要になります。当院では様々な麻酔を経験できますし、ICUやペインクリニックには専属の医師が常勤しているので深い知識を得ることが可能です。

助教 金子 隆彦

兵庫医大で2年間の臨床研修を終え、麻酔科医としては5年が経過し、充実した日々を過ごすことができています。研修医として麻酔科実習を行うことで、それまでは苦手だった末梢静脈ライン、中心静脈ライン、動脈ラインの確保や気管挿管が上達し、自信が持てるようになりました。これらの上達には上級者の指導やマネキンを使ったトレーニングが非常に有用でした。麻酔科では患者さんの急変時に必要な手技を安全の確保された優れた環境下で身につけることができます

麻酔科レジデント 宮脇 弘樹

大学病院では、心臓血管外科、新生児を含めた小児や様々な科が関わるような大手術を含め、いろいろな科の手術を経験できるのが魅力です。そして大学病院のいいところは、やはりスタッフと資源の豊富さです。また器具が充実しており、気道確保、循環体液管理などにおいても、専門的な考え方、手技が学べます。手術室専属の薬剤師さん、麻酔支援業者の方々のサポートがあり、麻酔科医にとって大変仕事のしやすい環境だと思います。みなさん一緒に頑張りましょう!!

麻酔科レジデント 竹中 志穂

初期研修終了後、麻酔科で2年間お世話になり、アカデミックな臨床麻酔の基礎を勉強しました。そして、2016年度4月より大学院に進学しました。以前から漠然と大学院進学を考えていましたが、実際研修医として働いてみると、日々の診療に手いっぱいで、研究に時間を費やす余裕がありませんでした。初めて発表の機会を頂いたとき、ある薬剤について数百の統計データを解析するという経験をしました。それがきっかけとなり、研究に興味を持ち進学を決めました。兵庫医大には日中は臨床麻酔をしながら、特定の曜日や勤務後に研究をする夜間大学院という方法があります。私自身は、他病院で勤務を行い、研究をしています。学ぶ気持ちがあれば、それに応え手を差しのべてくれる。私にとっては居心地のいい、温かい医局です。これからは臨床医に加え、研究者としての道を歩み始めたいと思います。

麻酔科レジデント 奥野 勇輔

将来どこの科にしたらいいか悩んでいた時に当科と出会いました。熱意のある先輩たちが働いているのを目にし、当科を選びました。小児、心臓、腎臓、輸液、ペインクリニックなど、それぞれの専門分野があります。大学にしかないような症例も多数あり、症例発表、学会発表、重症な症例を経験しています。経験豊富な先輩方が指導して下さるので、充実した日々が過ごせると思います。

麻酔科レジデント 大村 昭宗

患者さん、外科の先生、看護師さんとコミュニケーションをとる場面も多々あり、思った以上にやるべきことが多くやりがいがあります。「麻酔科の仕事は地味だからちょっと・・・」と考えている研修医のあなた!そんなことはありません。我々と一緒に働きましょう!

麻酔科レジデント 尾上 賢

僕は初期研修を市中病院で研修を行い、2015年に母校である兵庫医大に帰ってきました。学生時代には麻酔科とあまり触れ合う機会はありませんでした。しかし研修医時代に麻酔科で働き、多くの手技が学べる上に興味深く、何より楽しい!!と思い入局を決心しました。初期研修医の先生方にとっては、朝が早く、術中は緊張感でいっぱいで疲労を感じるかと思います。でも、麻酔科の特徴の一つとしてON OFFがはっきりしています。休日は仕事で疲れた分、しっかりリフレッシュしてください!興味のある先生は気軽にご連絡をお待ちしております。

麻酔科レジデント 辻 彩乃

初期研修で特殊な手技や、答えがあるようで無い全身管理の面白さを感じて、麻酔科を選びました。麻酔科は朝が早いところはしんどい点かもしれません。しかし、主治医制では無いため休みの融通がきき、仕事のon-offがはっきりしているところ、麻酔バイトはじめ女性医師が産後でも働きやすい仕事環境を作りやすいところなどが魅力です。

HOME