大学院生 奥谷 博愛

大学院生 奥谷 博愛

大学院生 奥谷 博愛

机上論文の実現の面白さ

大阪市立総合医療センターにて初期臨床研修を行い、同センター麻酔科にてレジデントを3年間経験しました。以前より疼痛に関する研究に興味があり、平成26年に兵庫医科大学大学院に入学しました。現在は基礎講座である疼痛神経科学講座に在籍しております。

初年度は夜間大学院として入学し、臨床(麻酔業務)をしながら週に1度の研究日を頂いて研究をするという生活をしておりましたが、圧倒的に時間が足りなかったため、2年次より昼間大学院に変更して、週に2日は麻酔業務にあたり、麻酔業務終了後と4日間の研究日を使って研究をしています。基礎研究という道のりは大変長いものではありますが、基礎研究なくして日々の臨床は成り立たないと実験を行う度に痛感しております。臨床と研究を同時に行い、忙しいのはもちろんですが、論文に書かれている実験手法を実際に自分で行うことができるというのは非常に感慨深いものがあります。また麻酔科が研究をすることに対して理解があることに大変感謝しております。

兵庫医大麻酔科・疼痛制御科では毎朝10分間モーニングレクチャー

大学院生 奥谷 博愛

臨床経験機会の豊富さ

兵庫医大麻酔科・疼痛制御科では毎朝10分間モーニングレクチャーが行われています。狩谷先生を中心として各医局員および研修医がある一つのテーマに絞って勉強会を行い、日々の疑問を解消する場として非常に有効です。また専門医試験に即した内容が扱われることもあり、試験対策として利用することもできます。また専門医試験では、実技・口頭試問といった実際の臨床技能が多数要求されます。当院はシミュレーション設備が存分に整っており、リハーサルをするのには非常に良い環境でした。

大学院生 奥谷 博愛

当医局の雰囲気が抜群に良い

現在、兵庫医科大学麻酔科・疼痛制御科医局は若い先生達が多く、切磋琢磨し日々成長を続けております。兵庫医大出身者だけでなく、他大学からも多くの先生達が入局しておりますが、分け隔てなく各個人が自由に伸び伸びと仕事を出来る環境であり、何より医局の雰囲気が抜群に良いところが一番の魅力です。

  • 麻酔のことはあまり知らないけど興味がある。
  • サブスペシャリティーを磨きたい。(心臓血管麻酔、産科麻酔、ペインクリニック、集中治療…etc)
  • 雰囲気のいい医局で働きたい。
  • ママさん麻酔科医として融通のきく職場で働きたい。

など動機は何でも構いません。

皆さんの力で兵庫医大麻酔科・疼痛制御科を盛り立てていきましょう。

教授陣からのメッセージ

主任教授 廣瀬 宗孝

主任教授 廣瀬 宗孝

命に関わる重症な疾患の治療や超緊急の対応を必要とする場合にも迅速に対応できる臨床体制を構築することです。 麻酔をかけるのが難しくて手術ができないと言われる患者さんでも、最高の麻酔を提供して治療が可能になることが麻酔科医として大きな喜びです。

教授 多田羅 恒雄

教授 多田羅 恒雄

麻酔科は専門医制度が早くから始まっています。医師として一生麻酔科を続けるかどうか不安を持つ人も多いと思います。そういった方のニーズにお応えして兵庫医科大学麻酔科学教室では多彩な受け入れプログラムを準備いたしました。

HOME