講師 岡野 紫

講師 岡野 紫

講師 岡野 紫

麻酔科にはまりました

研修開始は外科でした。末期腎機能低下患者を対象とした少し特殊な外科でした。

透析患者さんはもちろん、悪性腫瘍の末期、腎移植など幅広い研修をさせていただきました。

それは過酷な日々でしたが、労働条件が厳しいことは全く苦になりませんでした。しかし、自分が患者さんに何ができているのか、何ができるようになるのか、それがなかなか見えない。あるとき医療の無力さをことさらに感じる症例があり、外科を少し離れて蘇生に必要な基本的手技を学ぶため麻酔科での研修を始めました。研修開始後ほどなく、目の前の霧が晴れたような気持ちになったことを覚えています。迷うことなく命を救うことに全力を尽くす、そのシンプルな医療行為に専念できることが何より嬉しく、末期だから、とか医療経済的にどうとか、生命を救うことに並行して社会的適応に悩む医療と比べるとまさに天国。麻酔科にはまりました。

全員がグッドプレーヤー

講師 岡野 紫

麻酔科のQOL

麻酔科はよくon/offがはっきりしていて私生活のQOLが充実していると言われます。確かにそのような生活をしている麻酔科医もいますが、そこに至るまでにはあらゆるリスクマネージメントができるトレーニングを積んでいます。トレーニング期間のonの時は本当にオン。文字通り全身に力がはいり神経を集中しているので、offのときは完全にスイッチオフです。自分の心拍数を数えながらベッドに倒れこむ毎日でした。しかし、生理学、薬理学などの基礎分野を臨床に転化する行程は手ごたえがあり、イレギュラーなイベントにいかに理を通してすばやく対応するか考えるのはやりがいがあります。それが麻酔科の高いQOLかもしれません。

講師 岡野 紫

全員がグッドプレーヤー

一見麻酔科医は孤独に見えるかもしれませんが、手術室では実はチームワークが日々の臨床を支えています。緊急事態には麻酔科医はもちろん多職種のスタッフがさっと集まり、事態が収まるといつのまにか何もなかったかのようにいなくなる。他科からローテートされた先生が、その光景がとても印象的だった、と話してくださいました。緊急事態にも混乱することなく自分の役割が見える、それは毎日の数多い予定手術麻酔の中で丁寧に粘り強く鍛錬した結果です。1,000例の予定手術は1例の緊急手術のためでもある、とはどこかで見た受け売りですが、麻酔科では、一人のスタープレーヤーが生まれるのではなく、全員がグッドプレーヤーになっていきます。

教授陣からのメッセージ

主任教授 廣瀬 宗孝

主任教授 廣瀬 宗孝

命に関わる重症な疾患の治療や超緊急の対応を必要とする場合にも迅速に対応できる臨床体制を構築することです。 麻酔をかけるのが難しくて手術ができないと言われる患者さんでも、最高の麻酔を提供して治療が可能になることが麻酔科医として大きな喜びです。

教授 多田羅 恒雄

教授 多田羅 恒雄

麻酔科は専門医制度が早くから始まっています。医師として一生麻酔科を続けるかどうか不安を持つ人も多いと思います。そういった方のニーズにお応えして兵庫医科大学麻酔科学教室では多彩な受け入れプログラムを準備いたしました。

研修プログラム

初期臨床研修期間の選択必須科目の一つとして、2〜3ヶ月単位のローテート研修を行います。

HOME