大学院・留学プログラム

大学院プログラム

大学院では、最新の医学レベルに根差した医療を行うことを目指した臨床研究や基礎研究を行います。自ら研究計画を立てて行った研究結果を発表することは、世界中の麻酔科医と接する機会が増えることになり、人生の中でこの上ないすばらしい体験をすることが出来ます。さらに他人の研究成果の質を自分の目で評価できる力がつき、飛躍的な臨床能力の向上にもつながります。

研究プロジェクトの内容

科学的輸液管理の開発プロジェクトリーダー 多田羅 恒雄

手術の時には輸液(点滴)をします。これは、手術による出血や体液喪失を補うためのものです。例えば、消化管手術では、体重50kgの人だと1時間に500mlの輸液をするのが一般的です。手術時間が短ければこの量はあまり問題になりませんが、長時間手術(例:8時間)となると4,000mlもの水分が身体内に入ることになります。正常な状態では身体に入った水の多くは尿として排泄されますが、手術の時は痛みストレスが尿排泄を抑制しますのであまり尿量は増えません。結果的にわずか8時間に体重が4kg程度増える計算になります。この増加した水分の多くが組織に蓄積する結果、組織の浮腫(むくみ)が生じます。組織の浮腫は手術後の身体の活動度を低下させ、離床や食事再開の時期が遅れてしまいます。では具体的にどれくらいの量の輸液をすればよいのでしょうか。浮腫を抑制するために輸液量を少なくしてしまうと、手術中に血圧が下がってしまいます。しかし、この10年の間に輸液に関する新しい知見が得られてきました。私たちはこれらの知見をもとに、臨床において最適な輸液を日々模索しています。今、輸液は古くて新しいテーマです。

産科麻酔プロフェッショナル育成のための医学教育の開発プロジェクトリーダー 狩谷 伸享

産科麻酔の臨床研究、緊急の出産時にお母さんと赤ちゃんを救命するためのシミュレーターを用いた訓練の施行、産科麻酔のスペシャリストを育てるための全国セミナーの展開等を通じて、新しい産科麻酔における医学教育を開発しています。

慢性腎不全と麻酔の研究プロジェクトリーダー 岡野 紫

腎臓は言わずと知れた重要臓器であり、手術ストレスから腎機能を守るためには注意深い循環・体液管理が必要です。特に、腎機能低下症例、慢性腎不全を伴った透析患者、腎移植の麻酔について臨床研究を行っています。

骨格筋のミトコンドリア機能障害の研究プロジェクトリーダー 植木 隆介

ミトコンドリアはエネルギー産生に欠かせない細胞小器官ですが、障害を受けるとSuperoxide(活性酸素)を放出し、細胞のアポトーシスを引き起こします。敗血症や熱傷などの重症疾患で認める骨格筋のmuscle wasting(筋消耗)を始め、ミトコンドリア機能障害の治療法の研究は、重症な病態を回復させる1つの鍵となると考え、研究を行っています。

痛みの発症と継続における基礎医学と臨床の融合プロジェクトリーダー 廣瀬 宗孝

局所麻酔薬によるTrkAの酵素活性化部位の阻害
局所麻酔薬によるTrkAの酵素活性化部位の阻害

出生後から人は社会や環境から様々な影響を受け、遺伝子にも変化を来します。エピジェネティックな変化が手術後の痛みや慢性疼痛に影響することを明らかにすることで、痛みのバイオマーカーの開発とそれに基づく治療法の開発を行っています。また局所麻酔薬による神経ブロックが慢性疼痛治療に効果を示す機序を、基礎的実験から明らかにしています。

大学院生の声

奥谷 博愛

奥谷 博愛
麻酔科・疼痛制御科では大学院の一貫として、臨床研究だけではなく解剖学講座神経科学部門にて基礎研究を行うことが可能です。基礎研究と言うと難しく感じるかもしれませんが、実験の手順や考え方など初歩的なことから学ぶことができます。RT-PCR、免疫染色、in situ hybridization、Western blot法など様々な方法論を用いて研究を行っていきます。アカデミックな内容に興味をお持ちの先生は、基礎研究も一度覗いてみてはいかがでしょうか。

留学プログラム

兵庫医科大学 麻酔科学・疼痛制御科学講座では海外の大学と提携して、留学プログラムを用意しています。

インディアナ大学

インディアナポリスにあるインディアナ大学で、兵庫医科大学麻酔科から短期留学生を受け入れていただくことになりました。インディアナ大学麻酔科での麻酔、疼痛管理、シミュレーションセンター等に参加するObservatory programに、ぜひ応募してください。

期間
2週間程度(毎年春と秋)

ハーバード大学

アメリカ合衆国のボストンにあるハーバード大学関連病院のマサチューセッツ総合病院で、Jeevendra Martyn教授の研究室で行われている骨格筋の基礎研究に参加できます。

期間
1-2年間

留学体験記

植木 隆介

植木 隆介

2013年8月から2015年7月までの2年間、MGH麻酔科のJeevendra Martyn教授の研究室に研究留学させていただきました。Martyn教授のラボは熱傷、筋肉、神経、糖代謝異常などの基礎研究がメインテーマです。
留学前は、英語力や研究生活に不安がありましたが、ラボの先生方に親切かつ熱心にご指導いただき、充実した日々を送ることができました。自分がもらった研究テーマは熱傷とミトコンリア機能障害です。
これまで、基礎研究の経験が少なかった自分がこのような世界でも最先端の研究内容に触れ、新しいことにチャレンジできたことは、人生の貴重な糧となりました。研究の背景を調べ、仮説、計画を立て、実験の実施、結果の解析、結果を踏まえた次の計画作成と忙しい毎日でしたが、今思い出すと本当に貴重な時間だったと思います。

また、留学の醍醐味は、研究生活にとどまりません。週末や休日に家族と一緒に時間を過ごすことができたのも留学生活の大切な思い出です。野外コンサートやNew York、Washington、Niagaraなど東海岸の各地を訪れました。切り出したもみの木を車で家に運び、クリスマスツリーの飾りつけをし、Halloweenにはカボチャのランプを作り、子供たちと『trick or treat』で近所の家々を回ってお菓子をもらったのも貴重な思い出です。
そして、なによりも印象に残っているのは麻酔科医の聖地ともいうべきEther Domeです。ラボから本当に近いところにあります。この歴史的な場所で、天窓から差し込む陽の光の美しさ、荘厳さに感動したことを思い出します。
ここで、麻酔科学の先駆者たちの努力に思いを馳せ、新たなエネルギーをもらいました。

留学先によってラボの状況、環境はさまざまと思いますが、それぞれのラボの先生方が、日々研究に情熱を傾けていることがよくわかりました。この体験記が後に続く若手の先生方の参考になれば幸いです。

HOME