兵庫医科大学/兵庫医科大学病院 麻酔科学・疼痛制御科学講座

初期研修プログラム

  • 研修内容

    初期臨床研修期間の選択必須科目の一つとして、2~3ヶ月単位のローテート研修を行います。将来麻酔科を志す希望者は追加の研修が可能です。当プログラムでは、全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、各種神経ブロックを行う麻酔症例を実際に指導医とともに担当し、全身管理の知識の習得を目指します。

  • 教育内容

    麻酔科の医学教育は手術麻酔を経験することを基礎としています。臨床実習の前に高機能患者シミュレータ(HPS®)を用いた全身麻酔のシミュレーションを行います。ラリンジアルマスク、マックグラス®、エアウエイスコープ®を使って気道管理をします。その後実際に手術を受ける患者さんの評価、麻酔計画の立案を指導医とともに行い、麻酔を経験します。その後、学生自身が実習中にテーマを決めてプレゼンテーション、グループディスカッションを行うことで理解を深めます。その他には医学教育ソフトウエアXerte®を使ってグループ学習とビデオ学習を行い、帝王切開中の産科危機的出血のシミュレーションを実習します。
    准教授 狩谷伸享

  • もし麻酔科に興味をもったら!

    初期研修期間中に麻酔科に興味を持った先生は、学会への参加や症例報告の機会を持ってもらうようにしています。患者さんの安全に十分配慮し、初期研修医の先生方に実りある研修生活を送ってもらえるようにスタッフ一同頑張っています。

お問い合わせ

兵庫医科大学麻酔科・疼痛制御科学講座
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1
電話:0798-45-6392 Fax:0798-45-6393

contact >>