兵庫医科大学/兵庫医科大学病院 麻酔科学・疼痛制御科学講座

業績・研究

研究内容

麻酔科学は学際領域の応用科学である。 手術侵襲や疼痛に関わる急性期の反応を神経科学、呼吸生理学、循環生理学、代謝面で研究解析する分野と、医用工学面でのモニタリング機器の開発、急性期医学に関連した学生・卒後教育に関する研究に取り組んでいる。

【具体的な内容】

  • 産科麻酔・周産期麻酔に関わる基礎および臨床的研究
  • 周術期モニタリング機器の開発と精度比較
  • 物理化学的手法を用いた麻酔作用機序の解明
  • 吸入・静脈麻酔薬の臨床薬理と実技訓練方法(シミュレータによる教育方法)の開発
  • ショック・体液管理の基礎と臨床的研究

また、基礎医学系講座との共同研究にて疼痛ストレスに伴う脊髄レベルでの各種物質の遺伝子発現に関わる研究などを実施している。

妊娠高血圧症妊婦における周術期輸液管理の後ろ向き検討(狩谷伸享)

通常の帝王切開術では脊椎くも膜下麻酔後の低血圧を避けるために輸液製剤を急速投与することが一般的である。しかし、妊娠高血圧症候群患者の術中輸液管理についてもこのような処置が有効かどうかについての十分なデータが蓄積されていない。これらの患者では血管透過性が亢進しているため正常妊婦に比べて輸液による血圧維持効果が乏しい可能性があるためである。そこで、過去8年間に行われた妊娠高血圧症候群患者における輸液の有効性を正常妊婦と比較検討する後ろ向き研究を行う。
本研究の成果の一部を共同研究者の金子隆彦が第116回日本産科麻酔学会で報告し大川賞(学会賞)を受賞しました。

周術期の体液動態 (多田羅恒雄)

“水”は単にイオンや高分子の溶媒としてではなく、これら溶質と相互作用を することにより細胞活動に積極的に関与することが明らかになってきました。
手術の際にも大量の輸液を行いますが、輸液が少なすぎても多すぎても重篤な 合併症を引き起こします。当教室では、“生体にとって最適なhydrationとは何 か?”というテーマに分子レベルから臨床レベルで迫っています。

産科麻酔 (狩谷伸享)

お 産と麻酔はあまり関係がないように見えます。しかし米国では約20から25%が帝王切開で出産されているといわれていて、この割合は今後も増加すると考え られています。当教室の小濱華子、山岡樹里、三馬葵、松尾綾芳、中本志郎、トラバリーファラらはより安全で快適な帝王切開の麻酔について報告してきまし た。困難な産科麻酔症例について村上裕亮、尾上賢、辻彩乃、大村昭宗、佐藤史弥、川崎由衣、朴淳姫が報告しました。今後もお産を麻酔という側面から応援できるような研究を続けてゆきたいと考えています。

経食道心エコー(下出典子)

心 臓大血管手術の麻酔や心疾患合併患者の非心臓手術において、経食道心エコー(transesophageal echocardiography以下TEE)は必須のモニターであり、重要な情報を我々麻酔科医に与えてくれる。近年は機器の性能も向上し、この分野に おける麻酔科医のニーズは非常に高まっている。当教室では、日本・米国経食道心エコー認定試験合格者を中心に、心臓大血管手術の麻酔に積極的にTEEを行い、より安全に麻酔管理できるよう努めています。

胎盤研究について (植木隆介)

産 科麻酔領域の研究の一つに、各種薬物の母体から胎児への胎盤移行性の研究があります。当院麻酔科では、太城教授の指導のもと、Schneiderのモデル を元にしたヒト胎盤小葉灌流モデルを作成し、麻酔薬の胎盤移行性について研究を行っています。前任者の何艶玲(He YL) 先生はプロポフォールの胎盤移行性について研究され、優れた業績を残されました。現在はそのモデルを受け継ぎ、局所麻酔薬の胎盤移行性について検討を重ね ています。この胎盤灌流モデルには、脊椎麻酔下に帝王切開を受けられた患者さんより提供された胎盤を用いています(当院倫理委員会の審査済み)。臨床では 作れないような母児の高度なアシドーシスなどの危機的状況についても、in vitroで検討できるため、各種薬物の胎盤移行性の研究にとって大いなる可能性を秘めたモデルといえます。産科小児麻酔に興味をもつ先生方が研究に加 わってくれることを期待しています。

周術期の侵襲抑制(井谷 基)

麻 酔では、手術の痛みや苦痛を患者に感じさせない事が重要になります。最近では麻酔に関する薬剤やモニターが著しく進歩し、安全で質の高い全身麻酔が出来る ようになりました。私が現在臨床研究している内容は、“術中の抗不整脈持続投与により、術後ストレスが軽減できるのかどうか?”という内容です。スタディ としては、シンプルで分かりやすいモデルで、今後もう少し症例を重ねて報告出来るように頑張っています。 スタディだけじゃなく、学生・研修医の教育も行っております。できるだけ若い医療者に麻酔の仕事・魅力を伝えていければと思います。

手術前の経口補水が全身麻酔時の循環動態におよぼす影響 (岩山幸子)

現在、臨床麻酔の仕事をしながら大学院に在籍しています。大学院での研究課題は「手術前の経口補水が全身麻酔時の循環動態におよぼす影響」です。以前は麻酔 時の嘔吐防止のため、手術前には長時間の絶飲水が必要とされてきました。しかし、最近では手術2時間前までの経口補水は嘔吐の危険性を増加させず、むしろ 口渇感や不安感を減少させるという良い傾向が認められています。研究では手術前の経口補水が全身麻酔中の血圧低下を軽減するかを検討していきます。 また、臨床麻酔では安全性はもちろん、患者様にとって良質な麻酔を提供できるように頑張っていきたいと思っています。特に術後鎮痛は患者様にとって、とて も関心のあるところだと思います。今後、術後疼痛管理を術後の全身管理として捉え、術後のことも考えた麻酔、質の高い術後鎮痛を提供できればと考えていま す。

情報公開

研究内容

臨床活動

業績・研究

兵庫医科大学には麻酔科学教室(麻酔科)、集中治療医学(ICU)、疼痛制御科学(ペインクリニック部)、救急・災害医学(救命救急センター)の独立した組織があり、各々に麻酔科医専門医の資格をもつ教授が配置され、互いに強い協力体制をとっています。また、麻酔科医標榜医の総数は30名を越えています。

一人前の麻酔科専門医になるには手術室での麻酔管理だけでなく、ICUやペインクリニックの経験も必要です。私どもの麻酔科学教室は、オールマイティの麻酔科医と各専門領域のエキスパートの育成を両立させるべく各々の部門と強く連携し教育・研究・診療にがんばっています。

年度別業績

2016年度業績

最近の話題

クロアチカ留学生 研修終了

Luca&Ivan研修終了 楽しい1か月でした。この毎年来てくれる留学生が帰ると夏の終わりを感じます。。...


クロアチア留学生 ウェルカムパーティー&実習風景

よく学び、よく遊んでもらっています。(^^♪...


関西地方会2017報告

2017年9月2日(土)、日本麻酔科学会第63回関西支部学術集会にて、当科の村上先生と臨床研修医で麻酔科をローテートしてくれた保科先生が発表されました。村上先生、保科先生、発表お疲れ様でした。ご指導、応援いただきました先生方に感謝いたします。...


更新情報

研究