麻酔科学・疼痛制御科学講座について

麻酔科学・疼痛制御科学講座について

1972年に開学した兵庫医科大学 麻酔科学講座は、神戸大学医学部麻酔科学教室助教授の石田博厚先生を初代教授として迎え、1973年1月に開講し、1994年1月に大阪府立母子保健総合医療センターより太城力良先生が第二代教授として着任されました。
現在は第三代教授に廣瀬宗孝が2012年9月から就任し、現在に至ります。

ご挨拶

はじめまして。当科では、手術やインターベンション治療を受ける患者さんの命を守るための麻酔管理、慢性疼痛患者さんの治療を行うペインクリニック、ガンなどで緩和ケアを必要とする患者さんの治療に関わる緩和ケア、そして手術前や手術後の管理に関わる周術期管理チームの業務を主に行なっています。兵庫医科大学病院における当科の最も重要な役割は、最新の高度な医療を提供し、命に関わる重症な疾患の治療や超緊急の対応を必要とする場合にも迅速に対応できる臨床体制を構築すること、そしてそれに対応できる能力をもつ麻酔科医を育成するための教育を行うことです。常に世界トップレベルの医療を提供するために、臨床研究や基礎研究を行うことで最新の医学レベルに根差した医療を提供できるよう努力しています。よろしくお願いいたします。

主任教授 廣瀬 宗孝

当院では、年間約6,000例の全身麻酔を行なっています。手術を受ける患者さんは病気を治すために手術を受けるという一大決心をされています。そして多くの場合、全身麻酔により問題が起こるということは患者さんの念頭にありません。実際、麻酔そのものによる重大な合併症は当院でも年に1例あるかないかです。しかし、われわれ麻酔科医にとっては、その患者さんは6000分の1かもしれませんが、患者さんやその家族にとっては1分の1です。麻酔は何事もなく、手術が円滑に行われ少しでも早く患者さんが回復するのが一番です。このためには、麻酔科医は起こりうる危険を常に予知し、それをさけるべく様々な手段を講じなければなりません。一般的に物事を悲観的にとらえるのはよくありませんが、麻酔は別です。常に最悪の状態を想定し準備を行い、何事もなければほっと安堵する、これが麻酔科医です。手術中、大出血があり生命の危険がせまったようなことがあっても、術後回診では何事もなかったように「具合はいかがですか」と患者さんに笑顔で語りかけるのが麻酔科医のプロ意識です。

手術センター 教授 多田羅 恒雄

兵庫医科大学麻酔科学・疼痛制御科学講座 教授

兵庫医大麻酔科学・疼痛制御科学スタッフ

兵庫医大麻酔科学・疼痛制御科学 准教授・講師

  • 准教授 植木 隆介

    准教授 植木 隆介

    医学の進歩、外科治療の発展に、麻酔科学は重要な役割を担ってきました。麻酔科医は、呼吸、循環、体液、疼痛管理など全身管理の知識、技術を日々の臨床で高め、手術を受ける患者さんに貢献できます。
    また麻酔科学には、さまざまな研究分野があり、興味は尽きません。

  • 講師 下出 典子

    講師 下出 典子

    新生児から高齢者まで、幅広い患者状態に接することができ、他科と比べ、学ぶべきことが多いです。
    多職種で協働する必要がある手術治療は、専門知識だけでなく現在最も必要とされているチーム医療を学ぶのに最適です。

麻酔科・疼痛制御科スタッフ

  • 主任教授 廣瀬 宗孝
  • 手術センター 教授 多田羅 恒雄
  • 臨床教授 狩谷 伸享
  • 准教授 植木 隆介
  • 講師 下出 典子
  • 助教 棚田 大輔
  • 助教 橋本 和磨
  • 助教 奥谷 博愛(留学中)
  • 助教 宮脇 弘樹
  • 助教 岡本 拓磨
  • 助教 石本 大輔
  • 助教 緒方 洪貴
  • 助教 尾上 賢
  • 助教 佐藤 史弥
  • 病院助手 佐伯 彩乃
  • 病院助手 繁田 絵実
  • 病院助手 山本 由衣(産休中)
  • 病院助手 尾下 幸子
  • 病院助手 米田 寛子
  • 病院助手 朴 淳姫(育休中)
  • レジデントC 大場 祥平
  • レジデントC 多田 直綱
  • レジデントB 多木 佳名子
  • レジデントA 岡本 智史
  • レジデントA 古畑 真有
  • レジデントA 神戸 麻友子
  • レジデントA 塩飽 尭之
  • レジデントA 髙見 理恵
  • レジデントA 宮本 大夢

ペインクリニック部スタッフ

  • 主任教授 廣瀬 宗孝
  • 教授 髙雄 由美子
  • 助教 永井 貴子
  • 看護師 乾 貴絵
  • 看護師 土井 陽子

緩和ケアセンタースタッフ

  • センター長 廣瀬 宗孝
  • 副センター長 棚田 大輔
  • ペインクリニック部教授 髙雄 由美子

HOME